【女性編】妊娠出来ない病気の治療方法&妊娠する方法

不妊の原因となる病気にかかっているなら、それを治療しなければ妊娠することは望めません。不妊の原因となる、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫の治療方法を見てみましょう。

 

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫の治療方法には、手術をする方法と薬物による治療をする方法があります。子宮筋腫が完全に受精卵の着床を妨げているのであれば、不妊治療をどれだけ行っても意味を持ちません。その場合は手術を行う方がいいでしょう。しかし、子宮筋腫の手術で行う筋腫をくり抜く手術は簡単なものではなく、色々なリスクも伴います。手術は体への負担の少ない内視鏡手術で行われることが多いようです。この手術は全身麻酔を使って行われ、数日の入院が必要です。子宮筋腫が不妊の原因になっていないなら、薬での治療も可能です。ただし、今のところ薬による治療では子宮筋腫が小さくなるだけで、それ自体を消滅させることはできません。

 

子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症の治療も手術によるものと薬物によるものがあります。どちらを選ぶかは自由ですが、5cm以上の卵巣チョコレート嚢胞がある場合は破裂する危険性があるため、早めに手術を受けましょう。また、早期に妊娠したい場合も手術を受けることをおすすめします。腹腔鏡手術で行いますが、子宮内膜症は完全には治らず、再発を繰り返すものなので、再発する前に妊娠できるよう計画を立てます。妊娠を急がないなら薬物治療でもいいでしょう。

 

卵巣嚢腫の治療方法

卵巣嚢腫は通常、良性の腫瘍です。良性でかつ腫瘍のサイズが直径10cm以内なら腹腔鏡下腫瘍摘出術によって治療が行われます。ただ、サイズがもっと大きい場合や、悪性腫瘍が疑われる場合は、開腹手術が必要になります。手術では嚢腫だけを切除できる場合もありますが、卵巣を切除する場合や卵管まで切除する場合があります。卵巣嚢腫で卵巣の摘出手術を行っても、妊娠することは可能です。手術をする場合は医師とよく相談してから行ってください。

 

 

ずっと、妊娠できない…と悩んでいたら産婦人科に行く事をおすすめします。原因がわかればお医者さんと相談する事ができ気持ちがだいぶ楽になってくると思います。